レチナ

レチナIIIcは、1950年代に発売され、私の父はこのカメラを若い時に使っていました。 その、レチナIIIcを初めて私が手に取って撮影してみたのは、 今から30年ほど前、私が学生の頃です。

その頃はまだフィルムの時代でしたが、

既にレチナはものすごくアンティークなカメラでした。

革のケースが可愛いですが、 実際撮るとなると、フィルムを替えるのが面倒な感じです。 フィルムといっても、今の若い人には、

フィルムの存在自体知らないのかもしれないですね。

アナログ好きな私にとっては、楽しくてかわいいカメラなのですが、

実用的ではないので、短期間使っただけで、ずーっと、放置でした。 そして、最近ふと使ってみたくなり、レンズを開けてシャッターを巻いてみると… 壊れてました( ;∀;)


使えないとなると、諦めきれなかったので、 レチナを修理してもらえるショップを探して、オーバーホールしてもらいました!

修理が出来上がり、懐かしい35mm白黒フィルムを装填し、

撮影してみました。懐かしい…。

何気に撮った写真、ですが、

なんでこんなにノスタルジックになるんでしょう(^^;

ただ、インコと次男を撮っただけなのに、

しかもピントを合わせるのも手間がかかって、

シャッターチャンスもなにもタイミング測れることもなく、撮りましたが、 なんて、せつな悲しい仕上がりに(笑)

最後に、(誰に撮ってもらったかな?) 長女か長男か、どちらかに撮ってもらいました。

せつないわーーー(^^) 白黒だから余計にかな? 次回、まだ現像に出してるところですが、

カラーネガでも撮影してみました。

どんな風に撮れてるか、楽しみです♪

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

(C) 2013 Art Photo Garden 

掲載された全ての写真の無断使用および転載を固く禁じます